FC2ブログ

窓辺

2019年05月07日 - スナップ

20190503-R0000301.jpg
(c)Tatsuo Iizuka






北海道/美唄市
RICOH GR




薫風

2019年05月05日 - スナップ

20190503-R0000272.jpg
(c)Tatsuo Iizuka





北海道/美唄市
RICOH GR



コブシ咲く春

2019年05月04日 - スナップ

20190503-XPRO8154.jpg

20190503-XPRO8160.jpg

20190503-XPRO8166.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



良い季節になってきました。





北海道/深川市・旭川市
FUJI X-PRO2 XF50-140mmf2.8





さよなら夕張支線4

2019年04月02日 - スナップ

20190328-R0000013.jpg

20190328-R0000017.jpg

20190328-R0000019.jpg

20190328-R0000052.jpg

20190328-R0000073.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



新しくなったGR(III型)を手に入れました。
起動が速く、そこでまず感動です。

これまで使っていたのはGR I型は、起動が遅くついイラっとしてしまいましたが
(ONにし続けてるとバッテリーが減ってしまうし、OFFにしてしまうと次ONにするとき直ぐ撮れなくてイラッとする)
今度のはストレスフリーです。

AFも速くなってます。
ぱっと構えてさっと撮れる。
リズム良く撮れるので、気持ち良いのです。感動です。

背面液晶がタッチパネルになってAFポイントの移動が直感的にできます。
全然気づきませんが、手ぶれ補正もしっかり内蔵されました。

ISO2500で撮った最後の写真を見ても、高感度耐性が強いです。
ノイズは少なく、シャープさも落ちない。

これが上着のポケットに入るのですから、まさに最強のスナップシューター。

写りは、抜けが良くてとてもシャープな印象です。
レンズの構成が変わって、レンズの枚数が少なくなっているからでしょう。
なのに写りは向上とはいかに。

こんなに軽く、小さくて、写りが良いAPS-Cカメラ。
そしてこんなにリズム良く撮れるのはGRしかないですね。
見かけ上、大幅な変更はないでいて
相当ブラッシュアップしてきています。
今度のGRは。さすがGR。


北海道/夕張市
RICOH GR III





屋根の雪

2019年01月07日 - スナップ

20190103-FUJI5710.jpg

20190103-FUJI5758.jpg

20190103-FUJI5761.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



1つ目の写真は、自著「北海道駅前ふるさと」に掲載した文具店。
2005年に取材して、14年も経つのか。
正面に掲げられた「小学館の学習雑誌」の看板が懐かしいお店だったが
今は閉じて無人の様相でした。

人が住まなくなった家は、屋根の雪が融けること無く
たんまりと積もってしまっている。
この冬でまたいくつかが雪の重みで潰れてしまうことだろう。



北海道/芦別市
FUJI X-T3 XF18-55mmf2.8-4




カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com