FC2ブログ

計器類

2013年09月19日 - GXR


20130918-R6013464.jpg

20130918-R6013487.jpg

20130918-R6013479.jpg

(c)Tatsuo Iizuka


RICOH GXR A12 MOUNT G Biogon 2.8/28 NOKTON CLASSIC 1.4/40







北炭幌内炭鉱変電所

2013年09月18日 - GXR

20130918-R6013498.jpg
(c)Tatsuo Iizuka

20130918-R6013433.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



かつての産炭地、三笠市に今も残る北炭幌内炭鉱変電所跡が公開されていると知り、伺ってきました。
地元有志「みかさ炭鉱(ヤマ)の記憶再生塾」さんのご尽力によって、大正8年に建てられた産業遺産がしっかりと現存しています。
平成元年の閉山以来、変電装置は動くことはありません。
しかし静寂の中にも「栄華を誇った歴史を次世代に伝えたい」という想いによる保存活動で、人のぬくもりが今なお絶えないことは奇跡のようです。

以前の訪問で、窓からのぞき見たことはありましたが、中に入るのは初めて。
かつて北海道随一の幌内の電気を供給してきた発電所の計器類を目の前にして、興奮を抑えられませんでした。
スタッフ代表の伊佐治友子さんから聞いた、かつての炭鉱での暮らしの様子。
そしてこの貴重な産業遺産、を負のモノとして見ている行政との温度差。
自分が知り得ない話の数々に、有意義な時間を過ごすことができました。

次回は10月16日(水)10:00~15:00。今シーズン最後の公開です。
草刈りのガソリン代、割れた窓ガラスの修繕など、すべてボランティアの方の持ち出しとのこと。
訪れる際は、募金箱に志を入れることを忘れずに。


RICOH GXR A12 MOUNT SWH4.5/15

路傍の草草

2013年06月20日 - GXR


20130618-R6013421_3.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


夏至に近づき、日の入りがずいぶん遅くなった。
構図の確認すらままならないくらいの暗がりになると
青い色調に花の白と黄色が浮かぶ。
イメージは水辺に集う蛍。

先ほどから、すぐ脇を車が何台も通り過ぎていく。
誰もが見過ごす風景のなかで、自分だけ見つけた美を撮りたいと思う。





路傍の草草

2013年06月19日 - GXR

20130618-R6013398.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


本来の北海道の6月らしく、朝夕は肌寒いくらいです。
久しぶりの雨に、雑草たちも大喜びしている様子で、ぐいぐいと背丈を伸ばしています。
太陽を独り占めしているかのように咲き誇ってたタンポポが綿毛になり、勢力図が塗り替わっていくころです。
車を置き、道ばたに目をやると季節の移ろいが見えてきます。


GXR A12Mount Summron f=3.5cm









すぐそこまで

2013年04月23日 - GXR

20130416-R6013270.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


もうちょっと。すぐそこまで。





カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com