FC2ブログ

ダイヤモンドダストの朝

2011年12月03日 - 5DmarkII

ダイヤモンドダスト1
(c) TatsuoIizuka


マイナス14℃。ダイヤモンドダストの舞う朝でした。

秋に出会った女の子2

2011年10月29日 - 5DmarkII

秋のおんなのこ
(c) TatsuoIizuka


彼女のお父さん(アメリカ出身)が美瑛の山中に作っているツリーハウスの上での撮影。
高いところでの撮影はとにかく落ち着かないです・・・。


以前所有していたのはレンズ本体を交換してもらっても、調整してもAF不良が再発するので、手放したTAMRON 28-75mmf2.8 A09でしたが、再び購入してみました。
ハードディスクに溜まった撮ったデーターを見返すと、このレンズで撮った写真の写りがおっと思うのが何枚もあったのが再購入の動機です。安いですし、まあダメもとで。
今度はAFはバッチリ。撮ってみると開放時の写りが柔らかく、繊細です。
ポートレート向けの銘レンズとの評判通りだと改めて実感しました。

ズームリングとピントリングの回転方向がキャノン純正と逆廻しなのがとても残念ですが、すこし慣れてきました。
レンズ選びというのはなかなか難しいですね。希望の焦点距離と写りとサイズと明るさと操作性と価格と。
帯に短し・たすきに長しってことがままあって、お仕事用のキャノンシステムもいまだにメンバーが定着できないでいます。

秋に出会った女の子

2011年10月28日 - 5DmarkII

秋の少女
(c) TatsuoIizuka


木の上でもへっちゃらな女の子。高いところが苦手なボクは下からヒヤヒヤ。
きれいに黄葉した銀杏の木でした。

生前遺影写真

2011年09月14日 - 5DmarkII

IMG_1957.jpg
(c) TatsuoIizuka



80才の記念を「傘寿(さんじゅ)」と言うんだそうだ。
その傘寿の記念に額装写真をプレゼントするというのが「写真の町・東川町」の企画のひとつにあって、町内指定写真店のひとつに挙げてもらっている。

はじめてお会いしたこのおじいさん。
何とも柔和な表情で、わずかなひとときをおしゃべりしながら楽しく過ごさせていただいた。
「迎えが来たときの写真に使うから良く撮ってくれ」
縁起でもない話ではあるけど、そのときがやって来たときには、ボクが撮った写真を使って欲しいと思いを込めてシャッターを切った。
そして、会葬者の皆さんが「このじいさんらしい写真だね」と言って微笑んでもらえたら本望だ。


家族写真

2011年07月26日 - 5DmarkII

家族写真
(c)Tatsuo Iizuka


家族写真っていいなあ。
「みなさ~ん、この辺に立ってくだ~い」
それだけで並びがばっちり決まったとき、普段は離れて暮らしていても、家族ってすごいなあと思う。

千葉より美瑛に移住し、2年の研修を経てこの春トマト農家として新規就農した吉岡さん。
自分の子供に、親が働いてる姿を毎日見せられるのがいい。と日焼けした顔で話してくれました。
帰りにいただいたトマトのしっかりしたおいしいこと。
連作障害のない初年度は出来がいいんですとは言ってられましたが、それにしても力強い味でした。
たくましい家族そのものです。

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com