FC2ブログ

星夜ふたたび

2009年03月02日 - 5DmarkII

星夜


大阪のNさんが旭岳に連れてってください。と言うので、2人で行くなら夜でしょうってことになり、夜の雪山へスノーシューで分け入る。
予報ではぱっとしない天気だったけど、まずまずの星空が天空に広がっている。これなら前回できなかった長時間露光が出来そうだ。
それに2日前の大雪で、木々には良い感じで雪が積もってくれている。

2人なら暗闇にびびることなく、奥にある沼のあたりまで行けるだろう目論みながら、入り口付近で何はともあれまず一枚。
のはずが、テスト撮影して長時間露光かけて本番撮影。なんて手順で一時間も経つと、手足の感覚を無くし、奥まで歩く気力は完全に失せてしまった。

それでも付近で撮り続ける。
意外に長時間露光で星を流すより、ISO感度を上げて止めて写す方が良い感じ。(ブログ用に縮小圧縮かけるとつまらない写真になってしまう)
低ノイズ化で感度は割と気軽に上げられるし、色温度も自在だから、星空の撮影にデジカメはなかなかいけるかも。
露出もなんとなく掴めてきた。一番の難題はピントか。

驚くべきは5DMarkIIのバッテリー。40分のバルブ露光を含め、2時間外に出しっぱなしで撮っていたけど、残量表示は一つも減らずフルのまま。
気温はおそらく氷点下10℃前後。
もう一台の金属ボディのカメラ、三脚もカチコチに凍ってしまったくらいなのに。
人間様よりタフなヤツです。
5DMarkIIはポーカーフェースでまだ行けるという感じだったけど、我々が先にギブアップ。



カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com