FC2ブログ

カフェジータ

2009年02月05日 - R-D1s

gita1.jpg
gita2.jpg
gita3.jpg

今回の「みちのくひとり旅」で一番遠くの目的地は秋田県湯沢市。湯沢駅からさらに2つ先の三関(みつせき)という駅にハイヤーを待たせておいて、向かったのが「カフェジータ」。
どういうきっかけかは忘れてしまったけど、数年前に1、2度ブログでコメントのやりとりをしたことがある。「カフェジータ」のブログには素敵な写真がよくアップされていて、マスターは何年か北海道に住んでいたことがあるらしいこともボクの興味をひいた。実家の湯沢でカフェをやってること、そして「カフェジータ」のサイトに、ボクのブログがリンクしてくれてること。せいぜいそれくらいしか知りようもなかったのだけど、数年前のコメント以来、ボクは必ずこの店に行くことになるだろうと思ってた。何か人ごとみたいに。

休みだと困るので確認の電話は入れたけど、あえて名乗らなかった。駅から歩くのはちょっと大変そうな距離だったので、ハイヤーを呼んだけど、運転手も迷った。
細い道を上ったところに小さな集落があって、行き止まりに古めかしくも厳かな神社が見えた。その脇に煙突から白い煙があがっていた。それが「カフェジータ」だった。
ある程度予想していたけど、予想を上回る田舎具合だった。「こんな所で・・・」と口に出た。
ドアを開けるとマスターが。ああ、この人が田村さんなんだ。「らしいな」と思った。ブログの写真を撮ってる感じの人だった。
そして向こうは驚いたような顔をしている。「ひょっとして飯塚さん??」

自家焙煎のコーヒーを2杯いただく間、とりとめのない話をした。
窓から見える神社。坂道に連なる小さな集落。大きな杉の木立。
信仰、歴史、そして暮らし。
そんなことをぼんやり考えた。

おみやげに持たせてくれた珈琲を自分で淹れながら、北海道と東北の違いに思いを馳せている。
古めかしい神社は25代くらい続いていて、山頂に本殿があるとのことだった。

gita4.jpg
マスターの持つEOSにはPlanar1.4/50mmがくっついていた。

カフェジータのサイトはhttp://www.caffe-gita.com/

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com