FC2ブログ

釧路の夜

2008年09月28日 - R-D1s

漁港

3泊4日の釧路・阿寒方面への巡業から戻って来ました。
充実した旅でした。途中車を置いて、列車で釧路湿原を駆け抜けたり。
釧路の町もずいぶん歩きました。
港があって、川が流れ、橋があり、坂道がある町。
市場があって、旨いラーメンがあり、そして炭鉱もあります。
ゆっくり廻ったのは初めてですが、情緒があって好きな町になりました。
(にしても昼夜とも人が少なかったのが気になります)

1泊4000円ぽっきりのビジネスホテルに泊まり(しかも大浴場と朝食付き。申し訳ないくらいの価格。安いのに越したことはないけど、過当競争で疲弊しないか心配に)、繁華街を散策し、居酒屋のカウンターで生サンマの刺身で一杯。ほろ酔い気分になったところで、ラーメン屋に。鰹だしの効いた醤油ラーメンがめちゃうまでしたよ。

良い気分になってホテルに帰ろうと雨の中歩き出して15分。間もなく着く頃のはずでしたが、目の前に現れたのはホテルとは真反対にある釧路駅。
見事に方向を誤ってました。
昔っから方向感覚には絶対的な自信があって、どこでも行けるし歩けるし、それこそソウルの裏道だってへっちゃらなんだけど。180度間違えるなんて、プチショック。
そこからホテルまで歩いて戻って20分。びしょびしょに濡れちゃって、酔ってたもんだから愉快になってきて・・・、愉しい釧路の夜でした。


夜のシャッターに書かれた文字。最果てに近いことを知らせてくれます。

ウチに帰ってきて新聞読んだら何とか大臣が失言で失職か。なんて見出し。何でも「日本は単一民族」だとか。
中曽根元首相がかつて同じような主旨のことを言って批判を浴びたのは有名ですが、麻生さんも総務大臣時代の2005年に「(日本は)一国家、一文明、一言語、 一文化、一民族。ほかの国を探してもない」と言い放っておられるのですね。こちら
公職に付くお偉いさんは、世の中のこともうちょっと勉強してくださいな。
いわゆる北方領土もアイヌ民族の先住地だったようですよ。(只今勉強中)

釧路の夜



カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com