FC2ブログ

秋空

2008年09月11日 - GX200

秋空
日中は暑い(28℃くらい)のに、朝夕は寒く(10℃以下)、またもや風邪をこじらせてしまってます。
昼間は青空の中に筋雲がさーっと。秋の空はどこまでも高く見えますね。夕暮れも連日美しく燃えて沈んでいきます。

暇に任せGX200をいじっているのですが、上の写真のようにアンダーにしてコントラストを上げるというシーンでは、さすがに画像の劣化は避けづらい。(webで見る分には十二分ですが)微妙なグラデーションが荒れてしまうのです。
何とかならんかとあれこれやった中で見つけたのは、カラーで撮って、画像ソフトで彩度だけ落とし、コントラストの調整はプリンターのドライバーの中でいじる。というのが一番美しいトーンが出力できる方法でした。
プリンタードライバーはエプソンのPX5500や7500のもので、白黒プリントが出来るように
なっているものです。
明度のスライダーでアンダーにし、コントラストスライダーで全体のコントラストを高め、シャドー領域スライダーでシャドーは黒で締め、ハイライト領域のスライダーでハイライトを立たせる。そして温黒調に設定して出力する。という方法です。
(カラー画像のまま、白黒出力も可能ですが、これだとあまりにも見当が付かない)
この方式だと元画像をいじるわけではないので、画質の劣化は起きず、微妙なグラデーションの部分がざらっと荒れたようになるのを、かなり防ぐことができました。安心して見ていられる階調の豊かさです。
ただ問題は実際に出力してみないと、どうなるかは分からないというところ。プレビュー画面すら出ないのですから。
デジタルの数値を指定してあげつつも、山勘(アナログ)というのが辛いです。

まあこれはこんな方法もありますという参考程度にしといてください。
GX200も撮ってて愉しいコンデジですから、あまり突き詰めるのもなんだなあ~と思ってます。
写真に写ってるのは東川町で一番高い建物?それでもビルの5階建てくらい。
ライスセンターかな?東川米は北海道神宮に奉納されるほどおいしいのです。間もなく新米の季節。楽しみだ。

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com