FC2ブログ

写真の艶

2008年02月20日 - 白黒写真

FBプリント

今日念願のドライマウントプレス機を手に入れることができた。
以前このブログで、眠ってるドライマウントプレス機があれば譲ってくださいと記事を書いた。それを見た方から連絡を頂き、格安で譲っていただくことができたのだ。
ドライマウントプレス機というのは、主にバライタ印画紙を平滑に乾燥仕上げするための装置だ。レジンコートされたRCペーパーと違い、バライタ印画紙はFB(ファイバーベース)ペーパー。紙そのものが印画紙になっているため、水を吸うと伸び、乾燥の段階でヨレヨレに波打ってしまうのが難点だ。手軽な処理で済むRCペーパーに比べて、扱いには手が掛かるが、しかし、白から黒へのトーンの再現性に優れ、深み、重厚感はバライタしか味わえないすばらしさがある。
遠路山梨から届いたのは米SEAL社のCOMERCIAL200という型番で、40年も昔の製品だ。買ったものの、殆ど使われていなかったとのこと。おそるおそるスイッチを入れるとランプが点灯し、熱が入った。
熱が上がった頃、手持ちのバライタプリントをプレスしてみる。
わずか1分ほどでゆるやかなアールを描くものの、平滑な紙になった。
おおっと思わず声が出る。
なにしろこれまで、数日間も重しをして伸ばしたり、ズボンプレッサーで伸ばしたりしていたのだけど、それよりもピンと、気持ちよく伸びあがったのだ。
そして黒の中に艶を得た。光沢ではない、艶である。
写真ギャラリーで見るあの憧れの艶。それを手に入れたのだ。
これが写真。写真そのものが持つ存在感だと思う。
これで存分にバライタプリントを堪能することができる。
今や時代遅れの白黒写真。ローライフレックスやライカ。40年も50年も昔のカメラで撮って、自分でせっせと現像し、40年前のドライマウントプレスでバライタプリントを仕上げる。
どこかロマンがありそうな気がしませんか。写真にはそういう部分も必要なのです。
3月26日からの北海道美唄展「モノクロームの刻(とき)」では、バライタプリントをご披露致します。3年ぶりの白黒バライタプリントの展示になります。木造校舎の教室がギャラリーです。




最近のエントリー

トラックバック

コメント

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com