FC2ブログ

a night

2008年02月12日 - Leica M6

midnight.jpg

Leica M6 NOKTON Classic40mm

小樽の夜をM6とノクトン40mm の組み合わせで歩く。
三脚無し。カバン無し。首からカメラを提げて、コートの中にそいつを仕舞う。
絞り開放、もしくは1段絞り。シャッター速度は1/8か1/15。
フィルムは+1増感。
これに合う光を探して撮っていく。闇は闇で写ればいい。
あっちで見つけ、こっちで見つけ、角を曲がるとまたあった。
人気のない中通りにも、フィルムに写る光はあるものだ。

開放付近の甘さ、微妙な手ぶれ、ピンぼけ、そして増感によって出されたコントラストとフィルムの粒状感が、無機質な風景を艶めかしくあぶり出してくれた。


白黒楽しいな。暗室楽しいよ。
今日は印画紙現像液に、コダックのデクトールを初めて使ってみた。D-72タイプの現像液。これで闇の黒が黒になった。いつものRCペーパーなのに印象ががらりと変わった。

2週間誰も使わなかった東川ダークルーム。凍結したボイラーの水が融けるのに1時間掛かった。トイレの下水が完全に凍ってしまったようだ。小便で融けるかと思ったけど甘かった。氷を黄色くさせただけだった。
長時間籠もっていても快適に過ごせるように空気洗浄機(?)を買って、今日から稼働させる。おかげで頭くらくらせずに済むようになった。
電池式のちっちゃいラジオから、CDラジカセにグレードアップ。FMノースウェーブからRCサクセションの「トランジスタラジオ」が流れてくる。清志郎さん完全復活、良かった!

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com