FC2ブログ

積丹へ

2008年01月22日 - 日々の暮らし

おととい札幌でセミナーに出席したあと家には帰らずに、そのまま2泊の撮影行に出てきた。
行き先は小樽&積丹半島。
今回の撮影行のお供はローライフレックス3.5FとライカM3およびM6の銀塩カメラオールスターズ。デジカメはGRデジタルすら持って行かなかった。デジカメなしで出掛けるなんて、何年ぶりのことだろう。(おいおい、R-D1sはどうなってんだ!?っていう突っ込みはなしね)
冬の日本海。古びた漁村。デジタルいらないって気がしませんか?
旅先で郷土資料館に立ち寄るのが好き。今回共和町の郷土資料館の展示資料がとても良かった。それを複写するのにデジカメがあれば・・・と思ったくらいか。そういえば携帯電話のカメラがあったと今頃思い出したが、普段携帯カメラを撮ることはまずないので、そういう機能があることをすっかり忘れている。
前回の道東撮影行でシャッターのいかれたローライだったが、熊本県のひさなが光機でオーバーホールしてもらったら別のカメラのようになった。シャッターの滑らかさは一体何だ!?ライカM3よりはるかに静かなシャッターに。これでOH代3万しなかった。
ここしばらくはライカにぞっこんだったわけだけど、久々にローライ使いだしたら、今回手にしたのはカラーネガフィルムを入れたローライが大半になった。そんなつもりも無かったんで、手持ちのフィルムを使い切ってしまい、見つけた写真館で分けてもらい辛うじて撮影継続と相成りました。今でも写真館では中判カラーネガを使ってるところが多い。何故ってそりゃ、あんまり書きたくないけど人肌の描写はデジタルじゃあ・・・ねえ・・・。
それで撮影行中は写真のことばっかり考えて過ごすのだけど、札幌のセミナーで言われたことが気になりつつも、自分なりの新しいテーマが見えてきました。それを撮るために、今回は車を置いて良く歩いた。今日は10キロ近く歩いたのではないか。氷点下の中、雪を踏みしめ、氷に足を取られ・・・、おかげですっかり腰痛です。
で、出来上がった写真は。デジカメじゃないんでしばらくお預けです。
留守中もたくさんのアクセスを頂いており、エントリーもないのに恐縮です。今日も写真なしですみません。
つまらない戯言におつきあいさせてしまいました。

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com