FC2ブログ

北海道を撮る人

2008年01月11日 - Leica M3

霧の木

Leica M3 NOKTON Classic40mm

昨日は札幌までマイケル・ケンナ氏の講演会に出掛ける。写真集「Hokkaido」がアメリカのアートブック市場で記録的な売り上げを作った写真家だ。
講演会の内容は、「北海道のロケーションについて」ということもあって、予定調和的で、ケンナ氏の話にサプライズはなかった。
つまりは僕らと変わらない視線で北海道の風景を見ていて、特別な装置を使って写真を撮っているわけではないと言うことだ。
ただ違っているのは、北海道のロケーションに精通した日本人コーディネータがいるということ(中国、韓国といった言葉の通じないアジア圏ではそれぞれにコーディネータがいる)、一カ所のポイントで1~3時間を費やし、様々なアングル、シャッタースピードで被写体を撮影するとこと、撮影レンズには赤フィルターを常用している(らしい)こと、曇りの日、吹雪いた日を日本語で「良い天気ですね!」と喜ぶことか。
講演会の会場がアップルストアーだったため、ひょっとしてデジタルシステムを導入しだしたのかと思ったが、全くそういう訳ではなかった。
スローなプロセス、どんな絵が出るのか待つのが楽しい。ポートランドのダークルームでのプリンティングはクリエイティブな作業だ。写真は予測できない部分がある方がいい。あいまいで不完全な風景を探して撮影している。デジタルやコンピューターではそれが完全なものになってしまう。と語った。
彼は北海道のことを日本の冠についている宝石だと言い、野性的な恋人だとも言った。そしてマイケルケンナの名刺には美瑛の哲学の木の写真が描かれていて、世界中で配っているそうだ。

それほどまでに北海道のことを好んでいることは住民として悪い気はしない。
ただ在住カメラマンとしては果たしてどうか?もっと奮い立てよ!

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com