出会いを伝える

2007年09月23日 - 忘れがたき駅前ふるさと

20070923170845.jpg

今日はちょっと嬉しい出来事があった。去年の冬に取材させてもらって、連載しているJR北海道の車内誌「忘れがたき駅前ふるさと」の今年の四月号に登場していただいた老夫婦が、その息子さんに連れられて浦臼町からウチの家を訪ねてきてくれたのだ。
いい表情の写真を撮ってくれたこと、掲載後いろんな人から反響があったことで、一生の記念になったとお礼を言ってくださった。メロン農家の老夫婦からはとても甘いメロンがこの夏に届き、その折に電話でお話させていただいていたが、わざわざ会いに来てくださるとは思いもよらなかった。
何でも札幌に住んでいる息子さんがやってきて、今日は天気がいいし、ドライブがてらその人に会いに行ってみようよと誘ってくださったらしい。親思いの優しい息子さん(ボクよりちょっと年上かな)だ。

駅前に残る昔ながらの場所を訪ね、話を聞き、写真を撮るという取材はすんなり行くときもあるが、たいていは難航する。事前にあてがある訳ではなく、誌面の意向に沿う取材先を探し当てるのだ。やっと良さそうな場所をみつけて勇気を出してノックしてみても、取材拒否されることが多々ある。そりゃそうだろう、自分の話や写真が媒体に載ると言われりゃ、勘弁してくれよってことになるのも無理はない。
そんな中、ああいいよと突然の訪問者を受け入れてくれて、しかも載せてもらって良かったよなんてその後に言ってもらえたら、出会いっていいなあとつくづく思う。

実はつい先日この連載を来年の3月で終了することに決め、編集部にその意向を伝えたばかり。打ち切られるのじゃなくて、いろんな思惑や制約のなかでこの取材を続けていくことに限界を感じたからだ。
ちょっと冷却期間をおいて、また自分のライフワークとしてこの取材は続けていきたいと思う。いつかまたどこかで何らかの形で発表したい。ただそれが取材される側の人にとっていい形なのかは分からない。
自然風景を撮るのと違い、人の写真を撮ったり、身の上話を聞き発表するということはそれ相応の覚悟が必要だ。
その覚悟を身につけられるかどうかだ。

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net