fc2ブログ

最後の秋

2023年11月13日 - 鉄道のある風景

20231105-_DSF5846.jpg

20231106-DSCF5704.jpg

20231106-DSCF5722.jpg

20231106-DSCF5765.jpg

20231106-DSCF5783.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



前述のように来春で廃止になる根室本線の富良野ー新得間。
カラマツの紅葉の間を抜ける同線のキハ40も見納めです。

一日4.5往復しかないこの路線。一本撮ると次まで5時間待ちなんてこともあったりして
撮影には効率が悪いことこの上ない。(利用客はもっと不便でしょう・・・)

合間にはロケハンして、列車が来た時のイメージして。ああでもないこうでもない。
あっちの方がいいかしら?とやって
やっと待ちわびた列車がやってきた時の高揚感と言ったら。

そして狙った位置で(時にはファインダーの中で追いながらの連写)、シャッターを確実に押す。
どこか自分のものにしたかのような手応え。
それらが鉄道写真の醍醐味なのかなあと思います。

しかしながら充実感を持って帰路について、パソコンで見てみると
現場で感じた緊張感や高揚感、列車の躍動感というものがない・・・
写ってないんですよね、いつも。

この時は車中泊で1泊2日。どっと疲れが出て、がっかりするのが常なんですけど。
そうは言っても来春になるとこの鉄道風景は見られなくなるわけで
雪が降ったらまた出掛けてみようと思います。


北海道/南富良野町
FUJI X-T3 X-H1 XF16-80mm XF50-140mm






コメント

      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の52才、脱サラし北海道移住26年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ファミリーフォトを撮っています。2019年より東川町議会議員。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com