FC2ブログ

人生の教科書のような物語

2020年12月21日 - スナップ

20201216-DSC08685.jpg
(c)Tatsuo Iizuka




コロナの影響で暇な時間を持て余す今年は、いつになく本を読んでいます。
まあそれしかないっていう感じで。
この頃読み続けてるのが宮本輝の「流転の海」という小説です。

これは全9巻。1982年から始まり完結編が2018年。何と36年に及ぶ大作なのですよ。
1巻が400ページほどのボリュームがあるのですが、面白くて読むのを止められない感じで
どんどん読み進め、先ほど6巻を読み終えところです。
あと3巻。早く読みたいような、読み終えたくないような。
こんな大作を読むのも初めてですが、ボリュームを感じず読み進められる文体の小説も初めてかも知れません。

内容は宮本輝の自伝的小説で、主人公は父親の熊吾と少年期の伸仁こと宮本輝。
戦後から高度成長期の混沌とした日本で、粗野だけど人の機微を見る眼があり、商才があり、大将と呼ばれながらも波の浮き沈みに翻弄される熊吾の人生。
その父が50歳のときに病弱に生まれながらも、父の元で徐々にたくましさを身につけていく伸仁の成長ぶり。
そこに数多の人たちが絡まり合いながら、生きるということをあぶり出していくのです。

舞台が主に大阪ということで、見知った土地で繰り広げられるのも個人的にうれしいところ。
今読んでいる箇所は昭和36年頃。ボクが生まれる7年前の大阪の様子、市井の人の暮らしぶりがつぶさに描かれるているのも興味が尽きません。
また2巻あたりの舞台は熊吾のふるさと南宇和(愛媛)ののどかな村。読みながらGoogleマップで追ってみたりしましたが
北海道とはまるで違う地勢。いつか訪れてみたいなと思っています。
そして熊吾の話す宇和弁?を、現地で聞いてみたいと思うのです。

今、コロナで大変な状況ですが、戦争時はもちろん昭和の高度成長期くらいまでは病気で早死にする人も多かったようです。
食べていくことすら事欠く人も少なくない中で、生きるということに懸命だった時代だったのですね。
50歳で授かった伸仁を20歳になるまで育て上げるという熊吾の思いは、生きるために身につけるべきことが書いてるかのようで
人生の教科書のように感じるのです。



北海道/岩見沢市
SONY α7s FE55mmf1.8




カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の52才、脱サラし北海道移住24年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com