FC2ブログ

もっかい寝たい

2006年12月08日 - EOS20D

20061208085308.jpg

昨日は旭川のとある会社のパンフレット用の撮影。いろんな社員さんをいろんなシチュエーションにみたたて、次から次へと撮影していく。相手は撮られ慣れていない方ばかりなので、表情、雰囲気作りに苦心しながらもどんどんシャッターを切っていく。
結局撮影したのは1.000枚。jpegオンリーで2.5GB分。途中からは肩で息しているのが自分で分かった。精魂尽き果てて帰宅し、食事もそこそこに風呂入って、酒飲んで寝る。
今朝も腰が痛い。体がだるい。のどが痛い。1.000枚ずっと手持ちなので、腕も上がらない。
もっかい(もう一回)布団に入りたい。でも雪かきが待っている。

1.000枚、全てストロボ撮影だったのだが、キャノンのスピードライト580EXとトランスミッターST-E2の組み合わせだったからこそ成せる技だった。580EX1灯をスタンドに立てて、それをEOS20DのホットシューにつけたST-E2でコードレスで飛ばすのだ。E-TTLだからPモードでオート撮影出来るし、調光補正もカメラボディー側で可能だ。
電源コードもシンクロコードも不要だから、場所替えもラクチン。ボクみたいに助手なしで、一人で仕事する身にはとてもありがたい。
堅い光は避けたいので、被写体に直接当てるのではなく、天井や壁にバウンスさせる。もしくはアンブレラを使うので、どうしても光量が少なく、絞りは開け気味になってしまう。でも、APS-Cサイズだと被写界深度が深いので、ピントが薄すぎる心配が少ないのも助かる。
環境光を多く取り入れるには、ISO感度を上げてやる。使うサイズや被写体にもよるけれど、ISO400までなら許容範囲内だと思えるのも心強い。
ST-E2のようなストロボの遠隔調光操作ができるアクセサリーは、たしかキャノンとニコンだけのはず。K10D、α100、SD14。魅力的なデジカメがぞくぞく出てくるけど、これがないと室内では撮れないから、買い替えには至らない。
デジタルカメラによって、ボクはプロカメラマンになれたようなものだ。ありがたい。
EOS20Dは10万回のシャッター耐久にほど近いはずで、いまや満身創痍の状態だ。次の新機種を心待ちにしている。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com