FC2ブログ

少年

2019年11月21日 - 機材ネタ

20191120-IMGP2762-2.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



ときどき、無性にCCDセンサーのカメラで撮りたくなるのです。
今や撮像センサーはCMOSに取って代わり、
より綺麗で、より精密で、より高感度に強い
良い写真が簡単に撮れるようになったのですが、
何か違うなあと思うことがあるのです。
その違いを他者に上手く説明できないんですけど。

そんな時にCCDのカメラだったら・・・
なんて時代錯誤の思い込みが頭をもたげるのです。
(EPSON R-D1sは持ってるのですが、一眼レフを)


それで手に入れたのが、PENTAX K10Dです。

2006年発売だから、もう13年前のデジカメ。
ボディとレンズで2万円弱でした。
致命的に使いづらいところが早速あり。
しまったと思いましたが、この写りを見せられると・・・。


人肌のつややかさ。滑らかさ。
体温が伝わるような気がします。


CCDだから?
CMOSの写りがドライならばCCDはウエット?
その辺りの正当性を証明することは出来そうにありませんが、
なんかいいなあ。
そんな感覚(思い込み)は大事です。よね。



北海道/東川町
PENTAX K10D DA35mmf2.4 AL







カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com