FC2ブログ

写真展示

2006年12月01日 - 写真

今、大判プリンターが欲しい。A1ノビ対応のEPSON PX-7500。値段もこなれてきて20万切るくらいで買えるようだ。A1ノビと言えば、完全に業務用の感じだったが、これなら何とか買えなくもない。問題は大きさか。横幅が120センチくらいで、重さに至っては60kg。ひとりじゃ動かせないし、我が家の6畳間、スモールオフィスのどこに置こうというのか。
A1ノビ対応ということは60cm×90cmとか(ロール紙使えばさらに長さ方向は伸びる)、ポスターくらいの大きさになる。
それを買って、来年は写真展をやりたいと思ってる。今年は個展しなかったし、それ以前に大して撮れなかった。これじゃぁ、いかんなと思ってるわけでもあるのです。
予定が決まっていて、かつ必要に迫られていて買う、というのではなく、買ってから使う場を作るという。そうでもしないとこのまま、堕落の道を転げ落ちそうで。何ともやっかいなヤツだと思います、自分で。
で、どんな内容の写真展をやりたいかって聞かれると、実はちょっと答えに窮してしまう。写真展やると決めてから、さぁテーマは何しよう。写真撮らなきゃってことになる。全く順序が逆だね。ますます困ったやっちゃ。
でもね、和紙やアート紙に奇麗な風景写真をでっかく出力して、いつか美術館みたいな会場に展示してみたいなという思いはあるんですよ。

昔むかし、北海道に来て間がない頃は、小さな場所借りて良く写真展やってたよな。自慢じゃないけど、その写真展で2回、人が泣いた。写真は今よりもっと荒削りというか稚拙だったはずだけど。
まだインターネットも、ホームページも無い頃で、告知と言えば、どっかにハガキを置かせてもらって、そんなのをたまたま見かけた人が見に来てくれて、ポストカード買ってくれて、見ましたよってお礼状が届いたりして。

こうしてブログやら、ホームページで毎日たくさんの人に写真を見てもらっていて何だけど、ピクセルで描かれた画面を見るだけでなく、写真を体で感じてもらいたいという想いを忘れちゃならないと思ってます。

だから大きなプリンターが欲しいって理由にはならないんだけど、まぁなんか、ちょっとでかめの写真を貼って、自分で見つめてみたい気分です。


TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com