FC2ブログ

空き地

2018年06月03日 - スナップ

20180603-DSCF2873.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



Makro-Planar 100mmf2 ZFの中古を入手しました。
これにRAYQUALのニコンFレンズーGFXのマウントアダプターをかませて、
GFX用の中望遠レンズとして使おうという魂胆です。
(それに撮り鉄用のニコンボディにも使える)
高価なGFX用の純正レンズは手が出ないから・・・という消極的な代替えプランであります。

35ミリ用のレンズをそれより大きなセンサーサイズのGFXに使うので、
イメージサークルが足らずケラレてしまう危険性があるのを承知しての購入でしたが
結論的には無事ケラレ無し。
開放f2では周辺光量が落ちるものの味のウチで済ませそうな程度。f4で周辺光量落ちは消えました。
ヤッタネ!

GFX純正のGF110mmf2の約1/3の値段で、中望遠100mmf2をゲット。
しかも寄れるマクロでおまけにツアイス、色の豊潤度が凄い!
というテスト撮影の印象です。

当然マニュアルフォーカスながら、EVFでのピント合わせに実用上問題なさそう。
それよりEVF、LCDに明るさが明るさが上手く反映されないのがネックです。
一枚撮ってみないと適正露出が分からない。
ミラーレスだけど、一眼レフと思って運用すればいいのでしょうか。
少々慣れが必要のようです。




北海道/東川町
FUJI GFX + Carl Zeiss Makro-Planar 100mmf2 ZF










カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com