FC2ブログ

奥会津の鉄道風景 川沿いを行く

2018年04月29日 - 鉄道のある風景

20180420-DSC_3567.jpg

20180423-NIK_2546.jpg

20180420-DSC_3617.jpg

20180420-DSC_3582.jpg

20180423-DSCF5671.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



前に只見線を撮りに訪れたのは20年以上前のことです。
そのおぼろげな記憶を頼りに行くと、ありました。
ポジフィルムに残ってる風景が。

なかでも4枚目にある赤い屋根の集落は、前に来たときに「こんな日本的な集落があるんだ」と感銘を受けた場所です。
今回、ぜひ再訪したい場所でした。

当時、写真を撮った後、薄暗いなか只見川沿いの道をくねくねと新潟方面に抜けながら
さらに撮り進めて行った記憶があるのですが、
2011年の豪雨で橋脚や路盤が流されるなどの大きな被害を受け、只見線は現在もまだ会津川口ー只見駅間が列車が走れない状況にあります。
国道も列車代行バス以外は通行止めのようで、奥只見というか日本の奥。といった雰囲気を感じます。

夏の朝には大気が川で冷やされ、霧が良く出るそうで、幻想的なシーンを撮ることが出来るようです。
秋には渓谷沿いに見事な紅葉。冬には深い雪。
季節を変えて、何度も訪れたい沿線です。
そして乗り鉄もしたいですね。
今回桜を撮るのに忙しく、磐越西線も只見線にも乗ることが叶わなかったのが心残りです。
キハ40系のゆったりしたシートに身を預け、車窓を楽しみたいものです。



福島県/三島町・金山町(只見線)





カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com