冬の守護神

2018年03月03日 - 鉄道のある風景

20180221-NIK_1080-Edit.jpg

20180221-NIK_1111.jpg

20180224-NIK_1207-2.jpg

20180116-DSC_1697-2.jpg

20180116-DSC_1660-2.jpg

20180302-DSC_3027-2.jpg
(c)Tatsuo Iizuka




冬の時期、石北本線と宗谷本線に排雪列車(ラッセル車)が運行されています。
国鉄時代のディーゼル機関車に排雪ヘッドが連結されていて、多雪地帯の路線に積もった雪を豪快に飛ばしていく姿は、まさに守護神といった風情です。
白い雪の中に赤いボディ。雪を跳ね上げながらこちらに突き進んでくると、ちょっと恐ろしいほどの迫力があります。
その姿に魅了されている一人ですが、週末になると飛行機に乗って道外からやってくるファンも多くいるほどです。

北海道内や本州の路線でも、排雪作業は電動モーターカーが殆どになっている中で、石北・宗谷本線は未だにこのラッセル車が連日活躍しています。加えて、日中の旅客列車の合間を縫って運行しているというのもポイントです。
日中堂々と本線上を走ることのできる「排雪列車」なのですね。列車番号が「雪351レ」などと与えられています。
排雪作業車は列車ではないので、深夜など営業時間外に本線を「閉塞(へいそく)」している状態で無いと走ることができません。

ということで原則的に連日決まった時間に運行されているので、毎日見ることができます。
しかし雪を掻くかどうかは、降雪の状態次第。雪が無ければ、ウイングを閉じてただ走るだけなのです。(回雪と呼ばれてます)
なので遠方から来られる方は、運次第。
我々地元ファンは雪が積もったら、いそいそと出かける日々です。

ただしダイヤ上、当然旅客列車が優先されるので、排雪列車の遅延はしょっちゅう。
加えて車両の老朽化による不具合が出ると運休もしばしば。
寒さにこらえてひたすら待ちぼうけをくらうこともままあります。
好きでやってるとは言え、恋い焦がれた相手が来るのか来ないのか・・待つ時間の長いこと。
結構きつい試練です。

昨日も結局、1時間遅れでやってきました。
暴風雪のため旅客列車が軒並み運休になっていく中だったので、ラッセルも運休か・・・と諦めかけたときに
やってきて、迫力あるシーンを撮ることができました。
心の中でガッツポーズです。(上の写真5枚目)

また、人垣のお立ち台を避けて、スノーシューを履いて雪の斜面をぜえぜえと登り、誰もいないポイントで迫力のシーンを撮れたときの喜びもひとしおです。(1,3枚目)

国鉄時代から雪国を守り続けているラッセル車。痛みも激しいようで、新型車両への入れ替えの噂も絶えません。
ラッセル車が走り続ける限り、追いかけて、記録していきたいと思います。



北海道/和寒町・愛別町・当麻町
Nikon D750 D7200
TAMRON SP24-70mmf2.8 G2 SP70-200mmf2.8 G2










カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の49才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com