FC2ブログ

車窓より 湿原の夕暮れ

2018年02月21日 - 鉄道のある風景

20180211-TATS1430.jpg



20180211-TATS1410.jpg

20180211-TATS1441.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



SL冬の湿原号で釧路駅まで行ったあと、キハ54の普通列車で標茶駅まで折り返しました。
雪が止んでちょうど穏やかに日が沈もうとする頃、釧路湿原の中をディーゼルカーで往くことができ
一時間ほど、すばらしい時間を過ごすことができました。

途中斜面の上で撮影している「撮り鉄」たちの姿がちらっと見えたとき
「乗らずにあそこで撮りたかった・・・」という気持ちが湧いたのも事実ですが
日が暮れて標茶駅に降り立つときのあの名残惜しさ。
「乗り鉄」の醍醐味みたいなものを感じました。

太陽があれよあれよと低くなっていく中、車窓からの風景が次々に変わっていき、
2度と同じシーンには戻れない刹那や儚さを感じ取ったのでした。




北海道/釧路町(釧網本線)
FUJI X-T2 XF18-55mm f2.8-4 R







カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com