SL冬の湿原号 2018

2018年02月13日 - 鉄道のある風景

20180207-NIK_0398.jpg

20180208-NIK_0661.jpg

20180208-TATS1130.jpg

20180207-NIK_0466.jpg

20180211-NIK_0835.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



富山から戻って間が無いのですが、昨年に引き続き、2月の道東に撮影に出かけてきました。
5泊6日の行程で、昨夜戻ってきました。

メインの撮影対象は、やはり「SL冬の湿原号」。
それに加えてキハ54やキハ40のローカル列車。
道東の湿原や、海岸線、人を寄せ付けないような大自然を走る姿を納め撮るのが目的です。

道東特有の快晴の中、たくさんの感動的な光景に出逢い、写真を撮ってきました。
特に最初の3日間は、雲一つ無い青空がずっと続いて、眼も日焼けしたんじゃないかと思うくらいでした。
太陽があると気温ほど寒くなく、移動の車内は暖房を消すくらい。列車待ちも苦にならないほどです。
そんなからりと陽気な道東地方でしたが、
旭川に戻ってくると、鈍色の空からとめどなく雪が降りてきて、寒さが沁みてます、今。

さて、2000年から続いてる「SL冬の湿原号」を見るのはまだ2回目ですが、
小さなタンク式SL C11 171号機が走る姿は、勇ましさもありつつ、のどかな雰囲気があるように感じます。
沿線で撮る人も見る人も、もう慣れている感じなのでしょうか、のんびりと構えています。
各地でSLが走ると、マニアや警備で殺伐とした雰囲気になりがちですが、ここでは無縁のようです。
機関士さんも登り勾配でなくても、煙を出してファンに応えているような節を感じます。
「ああ、ずっと長くこの運行が続きますように」と思わせる魅力があるのが
「SL冬の湿原号」なのでしょうね。



北海道/釧路市・標茶町
Nikon D7200 D750
TAMRON SP70-200mmf2.8 G2 ×1.4テレコン
TAMRON SP24-70mm f2.8 G2
FUJI X-T2 XF18-55mm f2.8-4 R XF50-140mmf2.8R








カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net