富山地方鉄道の旅 5時前の駅

2018年02月07日 - 鉄道のある風景

20180127-DSCF7962.jpg

20180127-DSCF7965.jpg

20180128-DSCF8347.jpg

20180127-DSCF7956-2.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



富山地方電鉄の旅は一日乗り放題のフリー切符を利用しました。
一日2,000円×2日=4,000円で乗り放題。
本線の電鉄富山駅ー宇奈月温泉往復が3,680円 
立山線の電鉄富山ー立山往復が2,400円と正規料金が結構お高いので
このフリー切符は相当お得です。しかも特急の自由席にも乗ることができます。

朝から電車に乗って、途中で下りて撮って、また乗って。
の繰り返しでした。
午後2時くらいに乗ると、暖房の効いた車内、
しかも古い電車特有のふんわかシートは、うつらうつらするのに最適です。

撮り鉄をする分には、格安レンタカー利用による移動が効率的でしょう。
それも検討してみましたが、北海道とはまた違う雪道での運転の不安(わずらわしさ)、
これまた北海道とは違い、除雪がままならない細い道での撮影毎の駐車スペースの確保を考えると
踏み切れませんでした。

結果的には電車を使ったことによって
被写体へ、より愛着が増したような気がします。
外側から見てるだけでなく、内側に入ることで感じることもありますよね。

それに富山地方鉄道は、駅舎が素敵で、周辺のロケーションも良いと、
乗ってきた列車やこれから乗ろうとする列車を
ホームから撮ることで十分絵になるのも良かった点です。

次の電車まで1時間待ちということも何度かありましたが
それもその駅や周辺に関わりが持てたような気がしました。
なかでも岩峅寺駅、有峰口駅、寺田駅、浦山駅、月岡駅、早月加積駅は
良い駅だったなあ。



富山県/富山市・黒部市・立山町
FUJI X-T20 XF18-55mm f2.8-4 R XC55-230mm f4.5-6.7





カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net