FC2ブログ

未だ現役やで 大阪その2

2018年02月01日 - 鉄道のある風景


20180122-DSCF6978.jpg

20180125-DSCF7260.jpg

20180125-DSCF7208.jpg

20180125-DSCF7319.jpg

20180125-DSCF7270.jpg

(c)Tatsuo Iizuka


生まれ育ったのが阿倍野区天王寺町の私にとってなじみ深いチンチン電車。
阪堺電鉄軌道は通称ちん電(て呼んでたけど通用するかな?)。
大阪は南の玄関口天王寺(=阿倍野)や、通天閣のあるえびす町から住吉大社や堺、浜寺公園まで
伸びる庶民の足です。終点まで40~50分くらい乗っても210円という安さも良い感じです。
どうも堺市の補助があるらしいですよ。よう知らんけど笑

住んでた頃には乗る用事がなかったけど、最近は帰省する度に乗ってます。
なかでも古い車両に乗ると、軌道の悪さもあって揺れる揺れる〜
まるで遊園地のアトラクションのようで、揺れに身を任せてると癒やされてくる不思議な乗り物です。

新型車両も走ってますが、見るのも乗るのもおじいさんのような古い電車がいいです。
写真一枚目の351系は「祝」というマークをぶら下げてるのが見えますが、
その下に「還暦」とあり車歴が60年だということが分かります。

3と5枚目の164系に至っては昭和3年製でなんと御年90歳。
日本最古参の現役列車車両です。
塗装はしょっちゅう替えられて、この日見たのはフレッシュな青空と白い雲でした。
年からいってもっとシックな色合いの方がお似合いだとは思うのですが、そこは関西系なのでしょうね。
クーラーがない時代の車両なので夏は走ってませんが、冬は活躍のシーズンのようです。
よう知らんけど


大阪/阿倍野区 西成区 住吉区
FUJI X-T20 XF18-55mm f2.8-4 R XC55-230mm f4.5-6.7







カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com