FC2ブログ

未だに現役やで 大阪その1

2018年01月31日 - 鉄道のある風景

20180122-DSCF6877.jpg

20180122-DSCF6858.jpg

20180122-DSCF6874.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



大阪では首都圏では考えられないような古い車歴の電車が、下町を走っていたりします。
庶民的というのか、飾り気のないというのか、大阪らしくていいなあと思います。
でもいずれも本線からは外れ、支線で残された余生を過ごしているという感じですかね。
いつまでも元気で活躍して欲しいものです。
今回帰省中に、気になってた電車をいくつか乗って、撮って来ました。

まずは阪神電車の武庫川線。
クリームと赤色の塗り分け(赤胴車って呼ぶらしい)がまさに阪神電車ですね。
最近ではイメージ一新してコーポレートカラーを捨てる私鉄会社が多くて残念です。
阪急だけはこだわりのマルーンを死守してますが、他はもうどこの電車か色で判断するのは困難です。

さて、この赤胴車、かつては本線の優等列車(特急・急行)で使われてました。
阪神電車に乗るときは甲子園球場に行くとき。ですね。縦縞着て。
今は武庫川線というわずか1.7km、4つの駅を入ったり来たりの普通電車です。
この車両は昭和43年製と、私と同い年の50歳。
角の取れた姿形に親しみを覚えます。
片開きのドアの大きいこと。レトロ感を醸し出してますね。


20180125-DSCF7181.jpg

20180125-DSCF7189.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


青い電車は、JR阪和線の支線である羽衣線の103系。
昨年、(ファンからは)惜しまれつつ大阪環状線、阪和線から引退しましたが、ここ羽衣線ではわずか1駅区間を毎日走ってます。
その昔は山手線ではグリーン。中央線ではオレンジ。総武線ではイエローなど都会を走る電車そのものでしたが
首都圏ではとっくに引退していますね。
関西でも、おおさか東線と奈良線、和田岬線と、この羽衣線のみのよう。
今回おおさか東線のグリーンの103系を見に行ってきたのですが、1時間待っても来るのは201系ばかり。
身体は冷えるし、ホームに居続けるのも不審すぎるので断念してきました。
朝夕のラッシュ時のみの運用でしょうか。

その点、羽衣線は単線のため、基本1編成が行ったり来たりなので今なら確実に会えます。
確実に会えるアイドル。といえば大げさですね。
毎日通学に使ってる高校生たちには理解不能なおじさん趣味の世界です。
そういえば、高校時代に部活の試合のため、何度か羽衣線に乗って彼らの高校に出向いたことを思いだしました。
大阪府下に4校しかないマイナー競技の貴重な対戦相手でした。



兵庫県/西宮市 大阪府/高石市
FUJI X-T20 XF18-55mm f2.8-4 R XC55-230mm f4.5-6.7





カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com