FC2ブログ

流し・流し・流し

2018年01月15日 - 鉄道のある風景

20180112-DSC_1366.jpg

20180112-DSC_1475-Edit.jpg

20180112-DSC_1539.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



この日の朝はマイナス19℃。この冬一番の冷え込みと聞いて、出かけてきました撮り鉄に。
この発想からしてなんだかおかしいと自分で思うのですが・・・。
昨シーズンから思い描いている光景が密かにあって、それを「空想」と呼ぶんでしょうが
この朝こそ現実に写真に納めてやろうと意気込んで、日が空けぬ内から出撃したのです。

ところがポイントに到着して列車も寸分の狂い無く現れたものの
肝心要の「思い描いた光景」には現実にはなりませんでした。
思い切り空振りしてきたのです。
「空想」はまあ勝手な思い込みに過ぎぬことが実証されてしまいました。
「画に描いた餅」とも言いますね。

それでも「画に描いた餅」を描けないようでは写真家ではありません。
ただの「シャッター押す人」に甘んじたくはないのです。

そんなことを思いながら、「画に描いた餅」以外の写真を3枚貼り付けました。
早朝、朝、夕暮れの3カットです。
写真はやはり現実のものしか写りません。
でも現実をどう捉えるかはカメラを持つ人、人それぞれ。
厳冬の北海道を走る列車たち。
生きてる感じを捉えてお伝えしたいと思ってます。




北海道/当麻町・旭川市(石北本線)
Nikon D750
TAMRON SP70-200mmf2.8 G2





カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com