FC2ブログ

牧歌的風景のなかの駅

2017年11月20日 - 鉄道のある風景

20171116-DSC_1120.jpg
本桐駅

20171116-DSC_1131.jpg
絵笛駅
(c)Tatsuo Iizuka



北海道地図で見る限りは海沿いを走る日高本線だけど、
実際には断崖を避けるように内陸部を往くことが多い。

日高地方はサラブレッドの産地として有名で、
馬が草を食む、牧歌的な風景が車窓から望めたはずだ。
絵笛駅はまさにサラブレッド牧場の中にあるかのような駅。

15年くらい前にテレビでみた佐藤浩市主演のドラマ「天国への階段」の
舞台になってたことがなぜか強く印象に残ってる。
記憶にある人いますかね?

本桐駅は、沿線の中でも佇まいが良くてお気に入りの駅だ。
上下線が行き違うことの出来るこぶりな島式プラットホームが、小さなカーブの最中にあるのがいい。
広い敷地を持つ北海道の駅では、珍しく、
どこか本州の私鉄の駅のような雰囲気を感じるのだ。
長野電鉄の駅、みたいな。

高波の被害を受けなかったこれら大半の駅は、今にも列車が来ても可笑しくない感じなのだけど
レールは錆にまみれている。
牧歌的な風景との対比が余計に悲しく目に映る。


北海道/新ひだか町・浦河町
Nikon D300 TAMRON SP24-70mm f2.8 G2 (A032)





カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com