FC2ブログ

黄昏の駅構内

2017年11月05日 - 鉄道のある風景

20171101-NIK_2456.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



大きな駅構内に、複雑な線形は、かつてここに賑わいがあった証し。
今使用されているのは一線一ホームのみ。
少ない列車本数では、この駅で上下列車が行き違うこともない。

それでも毎日決まった時刻に列車はやってくる。
ホームに下りる人も乗り込む人が居ることはまれで
30秒ほど停車すると、次の駅に向かって走り去っていく。

それは毎日繰り返される、日常的で平凡なできごと。
見ようと意識しない限り、目にすることもないだろう。
変化するのは季節や天候による光の具合と、空の色。
今日この日雨の夕暮れに立ち寄った駅の光景は、まるでシネマのようだった。

知らないだけで、素敵な光景を見逃しているのではないかと思うと
もったいなく思えるのだった。
まして、いつまでもある訳ではない北海道の鉄道風景。
この根室本線も風前の灯火。
しっかり見て、写真に記録しておきたい。



北海道/富良野市(根室本線)
Nikon D7200 TAMRON SP70-200mmf2.8 G2






カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com