FC2ブログ

野矢の森

2006年10月22日 - 野矢の森

20061022100136.jpg

中古で買ったこの家に越して来て丁度一年になる。去年の今頃のブログを読み返すと、リフォームに悪戦苦闘していた日々が思い起こされる。壁をはがして、粉を水で溶いたものをコテで塗り、床を引っぱがしてフローリングを貼った。嫁は若菜をおぶって脚立にのっかりペンキを塗っていた。
埃まみれになりながら、朝から晩までずっと「現場」に張り付いていた数週間だった。
そんな中、リビングの窓の先に見える紅葉が徐々に色づいて行くのを見るのが、楽しみになった。
そこはちょっとした広葉樹の林になっていて、まずは桜の葉が赤くなり、つづいてナナカマドが赤く、そして白樺が黄色になるころ、カエデが黄緑から赤へと変わって行くのだった。
工事の手を休め、その林に入ってみると、フワフワとした足の触感と、木漏れ日がとても気持ちよかった。今までに感じたことのないくらい、豊潤で優しい林に思えた。この近くに住めることを嬉しく思ったものだ。
そしてこの林は、ご近所の野矢さんというじいさんがこまめに管理していることを知る。
そこでこの広葉樹の林を「野矢の森」と密かに呼ぶことにした。森と呼ぶにはあまりにも小さいけれど、その方がしっくりくるので良しとした。

ノエルとの朝の散歩は野矢の森に来ることにしている。疲れて体調が優れない時には、野矢の森の大きな白樺の幹に手を当てて、それからポンポンとたたいてみたりしていた。なんとなく木の生命力をもらえるような気になれた。
今年も紅葉の季節がやってきた。順々に色づいては、葉を落として行く。今年は風の強い日が何度かあって、葉の落ちるのがなおさら早い。一年のうちで最も華やかな時期が、あっけなく、本当にあっけなく過ぎて行ってしまう。
それでも足下には、飛ばされた種があたらしい芽になり、葉を開き、驚くような色彩で秋を迎えているのを知ると、時は一瞬でありながら、連続していくものなのだということに気づく。
僕らはどうやら時の大きな潮流のなかで、生かされているらしい。

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

北海道の写真ブログ

北海道の風景写真がテーマのブログを紹介します。 滞在中には参考にして行動していました。 ・Niseko bowgraphic 産直熟れ熟れ写真を貴方に ニセコを中心に撮影されており、日に何度も更新されています。 作品の感性と撮影技術に惹かれます。 ・photoseason's blog 東京

コメント

      

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com