FC2ブログ

RX100とG5X

2017年09月10日 - 機材ネタ

20170909.jpg

20170909-IMG_1046.jpg
20170909-DSC02578.jpg

20170909-IMG_1060.jpg
20170909-DSC02594.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



1インチセンサーのコンパクトデジカメは、SONYのRX100(I型)を使っていて、その写りにハッとさせられることが多かった。一眼レフと比べると小さなセンサーで、一体どういうことなの!?
1インチセンサーって全然あなどれない。
と実感していたから先日1インチセンサーのCanon G5Xを手に入れた。

実際使ってみるとほどよく小さくてレスポンスはいいし、明るい屋外で役立つEVFはついてるし、広角端24ミリでf1.8、望遠端100ミリでもf2.8と明るいレンズが載ってるしで、RX100以上の使い勝手の良さを感じている。
ただし、写りに関しては標準的というのか、決して悪くないのだけど、なにか物足りない。
これが良くも悪くもCanonらしさなんだろうな。
クセがなくて面白みには欠ける。実のところRX100のようにハッとするような写りはしない。

で、2台で撮り比べてみた。すると
G5Xの派手な色合い、階調豊かな感じに比べ、
RX100の地味な色合い、シャドーは潰れ気味。だけど渋くてコントラストがあって立体感があるように見える。
RX100の写真を見ていいなあと思ってきたのは、たぶん階調を切り詰めてるからなんだと思う。
その切り詰め方が上手なので、階調の広い一眼レフカメラで撮った写真よりもよく見えることがあるのはそのせいじゃないかと推測する。

ちなみにどちらもP(プログラムオート)モード。jpegの(色味)スタンダードの設定。ISO200固定。AWB
撮りっぱなしのJpegをサイズ調整のみでアップしている。

これだけ2台のぱっと見た色味が違うとは、やっぱりカメラってのは面白い。
G5Xは(良い意味でなく)Canonらしい。RX100はツァイス(レンズ)ぽい?と言うのかな。
ボクの好みは完全にRX100。

ただ、色味はカメラ設定でも、後処理でも調整が効くのであまり問題ないか。
実際、日頃G5Xは色の濃さを下げて、コントラストを下げて、シャープネスも下げて撮るようにしている。
さらにブログにアップする写真は(どんなカメラで撮ろうとも)Lightroomでほぼ100%、手を加えているのだから。

あと興味深いのはPモードにして構えると選ばれる絞り値は、RX100はf5.6が多い。手ぶれの可能性のある1/100秒でも絞りはf5.6なのだ。
G5Xは絞りがf4~f4.5が多い。そしてシャッター速度は1/1250秒とかのえらく高速シャッターが切れることが多い。
G5Xの絞りに関しては試しに絞りを変えて撮ってみると、開放f1.8の広角端ではf4あたりが一番良く写り、開放f2.8の望遠端ではf5.6あたりが一番良く写ることがわかった。写りが良いというのは周辺までシャープだということ。開放から2段絞ったf値が一番良く写るという定説通りの結果だ。これ以上絞ると、絞りすぎによる回折現象がおきて写りが甘くなることも確認できた。被写界深度の深い1インチセンサーなので、絞りすぎないのが吉なのだ。
絞り過ぎるよりも、速いシャッターを切って手ぶれや被写体ブレを起こさない方がよっぽどいい。

そしてG5Xはどうやら実効感度が高いようなのだ。RX100にくらべて1/2~1段高い。これは同じISO感度にしていると1/2~1段速いシャッターが切れるということ。
比較撮影の前からいつも速いシャッターが切れるので、あれおかしいな?と思ってたけど、RX100との比較でハッキリした。実効感度が高いというのはISO100がISO160やISO200の感度をもつということ。
高感度はISO1600がISO2500やISO3200と同じレベルになるので、感度を上げずに済む。
一方同じISO感度でのノイズを比較対照させると一見損をすることになる。
2台の高感度ノイズを比べてみると、同じISO感度ではRX100の方がノイズとディテールの損失が少ない。
言い換えるとG5XのISO1600はRX100のISO3200で撮ったときのノイズ量と同じくらいに見えてしまうのだ。

このように同じ1インチの大きさのセンサーを持つ2台。CanonとSONYというライバル関係にある中で、2台の差が思いの外あるのが分かった。
写りはRX100が好きだけど、EVFが着いてること。明るくてより高倍率なズームレンズが着いてること。構えやすくぶれにくい形状であること。などからRX100を手放すことにして、G5Xでいくことにした。

ただG5Xにも不満な点がある。
一番はEVFの見え方があまいこと。ピントまでは分からない。それでも明るい日中に背面液晶で撮るストレスに比べればいいし、ファインダーを覗いて撮るのは気分も高まるし、フレーミングの安定にも繋がる。
もうひとつはRAWとJpegの同時撮影にすると書き込みに時間が掛かって連写ができないこと。
ただこれもこんな小さなカメラで作品レベルの写真を撮る気は毛頭無く、jpegで十分かと思う。
動体へのAFはG5Xでまだ試してないけど、RX100ほど良くはないだろう。でもこれもこの手のカメラに求めないので良しとする。
EVFが組み込まれたRX100のIIIやIVやVを買えば最適解が得られそうなもんだけど、スナップカメラの価格としてちょっと手が出ないのが実情。IIIの中古ならG5Xの中古と変わらない値段だけど、より高性能なVが欲しくなるのが人情ってもの・・・。


以上、個人的な印象によるレビューであることをお含みくださいね。




カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com