FC2ブログ

秘境駅

2017年08月28日 - 鉄道のある風景

20170822-IMG_0181.jpg

20170822-IMG_0185.jpg

20170822-IMG_0195.jpg

20170822-IMG_0199.jpg

20170822-IMG_0207.jpg

20170822-IMG_0215.jpg

(c)Tatsuo Iizuka



今回のツーリング中に立ち寄った駅をいくつか。
全て宗谷本線。
本線といっても名寄以北は完全なローカル線で、「特急 宗谷」1本と「特急 サロベツ」2本が走るほかは普通列車の設定も少なくなっている。
特にアップした3駅のある音威子府ー幌延間は朝・昼・晩の一日3本があるのみ。
これじゃあ普段の足として「使いづらい鉄道」路線である。
でもこれがJR北海道の現実なのだ。


1,2枚目 「糠南駅」 
朝礼台のような短い板張りホームと、スーパー物置の待合室が特徴 オオハンゴンソウに覆われそう
ホームの向こう側は広大な放牧地。日常的な利用客はいないだろう。

3、4枚目 「雄信内(おのっぷない)駅」
 立派な木造駅舎 かつて駅前はそれなりに栄えていたようだが、いくつか廃屋が残るのみ。 上下線が行き交わせるようになってるので駅と言うより信号所としての役割がメインか。日常的な乗降客はいないだろう。

5,6枚目 「南幌延駅」
波打った板張りホーム。その先の線路が雑草に覆い尽くされそうになっている。駅前に数軒の集落有り。


この3つの駅、全てがJR北海道の廃止対象駅になっている。
どうみてもこれらの駅を日常的に利用している人はいなさそうだから、それも合理的な判断のように思える。
ところが地元自治体の幌延町が「秘境駅」として、存続させようと維持管理費を捻出しているというのだ。
それも町の「広告費」として考えているらしい。やるなあ幌延町。
そのおかげもあって今年度の廃止は免れ、鉄道マニアがこれらの駅に降り立つことを目的に全国から訪れているようだ。
しかし朝・昼・晩の一日3本しか停まる列車がないことには変わりなく、沿線に他にも続く秘境駅を制覇するのは相当難しいだろうな。



北海道/幌延町
Canon G5X




カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の50才、脱サラし北海道移住23年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net

鉄道写真のHP Railside Hokkaido
http://kiha40.com