アジアのような東京の雨降り

2017年06月24日 - スナップ

20170621-IMG_8082.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



先日、2年ぶりくらいの東京へ行ってきた。
本業の営業写真の展示会PHOTO NEXTと、セミナーに出席することを一番の目的に。
地方にいるとなかなか肌身で感じることのできない、トレンドっていうものを感じてみようと思って
苦手な飛行機と、人混みに身を投じてきた。
結果、なかなか受け入れられないものが多かったような。
でも良い刺激を受けてきた。

夜は写真家の先輩、渡部さとるさんを訪問。
突然にも関わらず
「いいよ〜おいで〜」ってさらっと受け入れてもらえたのは嬉しかった。
渡部さとるさんは、不思議な包容力がある方だ。
そんな方との、居酒屋で一杯やりながらの写真談義は
軽々しくこの場で書けないほど有意義な時間になった。
気負い無く、等身大で、偉ぶらず、分け隔て無く・・・

翌日、大雨の渋谷で見た写真家「ソール・ライター」の写真展。
写真はもちろん、会場に書かれた言葉が強く印象に残った。

「神秘的なことは馴染み深い場所で起こっている
なにも、世界の裏側まで行く必要はないんだ」

「写真を見る人への写真家からの贈り物は、
日常で見逃されている美を時々提示することだけだ」

日常にある美を写真で撮って見せること
見えているのに見逃していることに、ささやかな幸せがあること
を改めて知らされたようだった。



東京/東新橋
iPnone6s
濡れた窓ガラス越しの写真が印象的な「ソール・ライター」に感化されたのか






カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net