夏至に向かって

2017年06月09日 - 鉄道のある風景

20170606-NDF_4695.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



とても良い天気の夕刻のこと。
沈む太陽と列車がちょうどぴったり重なるんじゃないか
と閃いて、この場所に急行すると
列車が通過するまであと10分。
まさにジャストな感じに太陽が位置して、沈もうとしている。

心躍らせながら、列車がやってくるのを待つ。
やややっ、太陽が落ちていくのが速いっ。
あと6分、あと5分・・・早く来いっ。
あと4分、半分沈んだ。お願い早く来て−。
あわわ。通過2分前に水平線へと消えていってしまった。
踏切の音がむなしくこだまする。
めったに来ないローカル線の撮影はなかなか思うようにいかないものだ。

でもこの感じからすると、3〜4日後にはジャストなタイミングで列車と太陽が重なるはず。
まだチャンスはある。
と思い直してみたけど、それ以降、天気予報は雨マークばかり。

これは来年まで持ち越しか・・・
それとも秋に同じ時刻に太陽が沈むのか?



北海道/旭川市(宗谷本線)
Nikon Df AF-S NIKKOR 24-70mm 2.8G ED






カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net