湿原眺望

2017年02月13日 - 鉄道のある風景

20170207-NKD_1702.jpg
(c)Tatsuo Iizuka




まるまる一週間、2/6~2/12まで道東に鉄道写真の撮影に行ってきました。
日の出前から日没まで、時には山に登り、道路の法面に上がり、斜面で踏ん張り、雪原を延々歩き、
太陽の様子とダイヤを見ながら車を走らせ・・・
なかなかハードな日々ながらも充実した一週間でした。

一番の目的のSL C11 171号機牽引の「SL冬の湿原号」は、車輪に規格外のキズが入り
2月10日から運行できなくなってしまうというトラブルに。
チケットを予約してたのに、久しぶりのSL乗車は叶わず終いになってしまったのは
非常に残念・・・でしたが、撮影の方はバッチリ。

トータル2000枚ほど撮影してきた中から
しばらくこのブログにアップしていきたいと思います。
ひたむきに走る列車たちの姿から、道東の「果ての風景」の空気感を感じてもらえたらと思います。

一枚目は、釧路湿原を見下ろす絶景ポイント。
蛇行する釧路川に沿ってくねくねとレールが敷かれています。
遠くから聞こえる汽笛。
カーブを抜けて見えた煙に感動です。



北海道/釧路市
Nikon D4 TAMRON SP70-200mm F2.8 Di VC (A009)





カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net