一畑電車3000系 総天然色

2017年01月30日 - 鉄道のある風景

20170121-L1010571.jpg

20170121-L1010574.jpg

20170121-L1010582.jpg

20170121-DSC02155.jpg

20170121-DSC02181-2.jpg

20170121-DSC02191.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



カラーで見ると(というか現実は)、黄色い流面形が蜂のように見える。
ワンマン運転のため後付けされたバックミラーが、触角っぽく見せるからなおさらなのか。
あるいはキカイダーか何かに出てくるヒーローかヒールのフェイスマスクのような・・・。
経年疲労が昭和のノスタルジーをより深くさせる。
ネガフィルム調にレタッチしてアップ。

3枚目、行き違ったのは旧京王電鉄の2100系。昭和40年前後の生まれ。お互いいい年だ。
5、6枚目は珍しい平面スイッチバック構造の一畑口駅。
5枚目のホームの先にかつてまだ線路が続いていたが、廃止になった。
そのため6枚目、左から来た列車はこの駅に進入すると、
運転手はハンドルを持って早足にホームを移動。
前後の向きを入れ替えて出発。右方向へカーブして進んで行く。
右から来た列車は同様に左へと。

クロスポイントが「がっしゃん」と切り替わる様子も楽しい。



島根県/松江市・出雲市(一畑電車)
Leica X-E SONY RX100





最近のエントリー

トラックバック

コメント

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net