小さなサンタも

2016年12月26日 - スナップ

15697662_1373446249344019_2032397458593155160_n.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



クリスマスイブの日、写真展会場に小さなサンタさんが来てくれました。
鉄道が好きらしく、何度も会場内をぐるぐると廻って熱心に見てくれましたよ。

彼は、写ってる列車を見て、突然「うしろっ」「まえっ」と言い出しました。
最初、何のことを言ってるのか分からなかったのですが、
写真を見て、その列車が前を向いてるか後ろを向いてるかを言い当てていきました。
「これは?」と聞いてみると「まえ」
「これは?」「うしろ」
てな具合に100%の的中率。
びっくりしましたよ。この3歳男児には。

なぜ分かったのか。
その理由は割と単純なんだけど、大人でも分からない人が多く
向こうへ去って行く列車の写真を見て
「これ危なくないんですか?」って何人もの人に聞かれました。
近づいてくるもの、去っていくもの。
素直な子どもは敏感に気づくのかも知れません。


母親に連れられた中学一年生の少年は
今はまだ旭川駅での駅撮りだけ。
「早くこんな風に、走ってる所を撮ってみたいです」
と答えてくれたその目の輝きが眩しかったなあ。



写真展は29日(木)までとなりました。
こんな年末の、こんな雪道を、はるか遠くから
埼玉、網走、札幌、旭川
歩いて5分と掛からない自分からすれば、みなさん遠くからお越し頂いてる訳ですけど
来場者の方全てが、わざわざ来てくれた人たちで(つまり通りすがりで立ち寄らない場所)、
本当にありがたく思います。
そしてそれぞれに感じたことがあったようで、
写真展をやってよかったなと思っています。

どうぞ自由に見てくださいと言いつつ、ほぼ毎日会場に詰めていて、誰か来ないかと何時間も待ち続け、誰も来ないで帰る日も少なくないですが、自分のやらかした行為の跡形、すなわち自分の撮った写真がずらりと並んだ前に黙々と居座り続けるのも、2016年の年の瀬になかなかオツなものです。


北海道/東川町
iPhone6s


ローカル列車をテーマにした飯塚達央の写真展
「Daily Local Train」
12/29まで 東川町文化ギャラリー
10:00~17:30  最終日は15:00まで
規定の利用料がかかります。
町内在住者100円 町外の方200円
中学生以下無料



カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net