キハの時代

2016年11月16日 - 鉄道のある風景

20161115-img134-Edit.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


写真展用に10年くらい前に撮ったポジフィルムを探してたら
30年以上前に撮った鉄道のポジを見つけて、ついつい寄り道が長くなってしまう。

福知山線のキハ58。たぶん急行「丹波」だと思う。
撮影地は武田尾あたり。この辺りはその後、新線につけかえられたはず。
渓谷沿いで一人列車待ちしていて、イノシシのうめき声に脅され心細くなったのを思いだした。

キハ58は今や鉄道模型を持つほど大好きなディーゼルカーだけど、
当時はまだ大阪駅や天王寺駅で当たり前に見られて、ふ〜んとしか思ってなかった。
ディーゼルではキハ82「まつかぜ」がカッコ良かった。
とはいえ、時は花形ブルートレイン(今や死語)全盛時。
あとは東海道線を往くEF58を追っかけていたころ。
非電化区間のディーゼルは地味〜な存在だった。

撮ったのはたぶん高校1or2年の飯塚少年。
今から32年くらい前のポジフィルム。変色はそれほどしていない。
カメラはNikon EM。ニッコールの135mmf2.8。
奇跡的にドンぴしゃのピントで手書きの車番まで読める。


20161115-img133.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


こちら急行「たかやま」。先頭キハ28の6連。
東海道線の電化区間を爆走してました。屋根はススで真っ黒ですね。岸辺駅だったかなあ。
レンズはシグマの300mmf5.6。
ファインダーが暗くてピント合わせがとても難しかった。解像度も低く、このレンズでバッチリ撮れたためしがない。

昭和59年頃。古き良き国鉄時代。







最近のエントリー

トラックバック

コメント

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net