湿原を往く

2016年11月02日 - 鉄道のある風景

20161026-PTXD9196.jpg

20161026-PTXD9208.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



道東に点在する湿原。
いや、俯瞰して見ると、湿原の中に人家が点在するとした方が合っているのだろう。
ぬかるんで足を踏み入れることができない湿地は、水鳥たちにとっては楽園のようで
列車待ちの間、それらを見て過ごす。
先ほどまで居た炭鉱跡地の緊張感から解き放たれる。
しかし、こんなところにどうやって線路を引いたのだろうか。
地盤が沈んだりしないのだろうか。
山奥に町を造り、ぬかるんだ湿原に汽車を通す人智。

遠くから一両きりのディーゼルカーがやってきた。
根室本線の先端、釧路ー根室間(通称花咲線)は近々、廃止対象のリストに上がることだろう。
この線路も、過去の遺産になっていくのか。
写真は記録。
時を刻む物。



北海道/根室本線(厚岸町)
PENTAX645D A 45-85mm f4.5 A80-160mm f4.5


飯塚達央写真展「Daily Local Train」
2016/12/14 〜 12/29 東川町文化ギャラリーにて開催





最近のエントリー

トラックバック

コメント

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net