沼牛駅保存プロジェクト

2016年07月27日 - 鉄道のある風景

20120919-R6012671.jpg

20120919-R6012675.jpg

20120919-R6012678.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



北海道には廃線跡がいっぱい。
しかし当時の駅舎、特に木造駅舎が残っているのはわずかです。
雪の重み、凍結。いにしえの駅舎が生き残るには厳しい環境です。
おまけに過疎化が進む自治体には保存する財力も、目的もありません。

そんな中、かつて深川と名寄を結んでいた深名線(しんめいせん:平成7年廃止)沿線に
沼牛駅が幌加内町の小さな集落にひっそり佇んでいます。
この貴重な鉄道遺産を残そうと、現在有志がクラウドファンディングによる資金調達を行っています。
https://readyfor.jp/projects/kamitoshibetsu-numaushi

駅舎の再生には先日このブログで紹介した旧ふるさと銀河線の上利別駅の材料が使われることから、2つの駅舎の再生につながるものです。
クラウドファンディングってちょっと馴染みが浅いのですが、沼牛駅の保存にかかる費用をひろくインターネット上で募るというものです。
募金の決済はクレジットカード決済が基本です。
8月1日の締め切りまで数日。
達成まであと4.5万円まで迫ってきました。

目標額の200万円に達成しないと、カード決済されません。
逆に言うと、200万円に達しなければ、これまでの志(お金出すよって言った方のお金)は無かったことになります。
もうちょっとの支援金が集まるかどうかで、この貴重な沼牛駅の保存が決まるかどうか。なのです。
募金は5,000円からと少しハードル高いですが、共感された方はぜひ。



2012.9月撮影
北海道/幌加内町沼牛駅
RICOH GXR A12




カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net