記憶の中の木造校舎

2016年07月13日 - スナップ

20160713-GR032015-Edit.jpg
20160713-GR032014-Edit.jpg
20160713-GR032018-Edit.jpg
20160713-GR032019-Edit.jpg
20160713-GR032016-Edit.jpg

(c)Tatsuo Iizuka




これまで訪れた廃校のなかで、最も美しいと感じた小学校が十勝の清水町の奥にあった。
板張りの木造校舎が、湧水池のほとりにあって、それはもう素晴らしい環境に立っていた。
10年くらい前の記憶をたよりに、再訪してみると
門柱をみつけることが出来たが、校舎が存在しない。
たまたま出くわした隣の住人の女性に伺ってみると、
「ウチの主人が可愛がるあまりに3年前に火事を起こして無くしてしまった」とのことだった。

古い木造校を巡ってると話すと、そのご主人が優しく出迎えてくれた。
話によると、廃校となった校舎と湧水池を含む広大な敷地がえらく気に入り、町からの強い要請もあって
数十年前に町から買い取ることになった。
以来、子供達の自然体験学習の場として活用、長く大切に使ってこられた。

手入れは欠かさず行い愛情をもって、古い校舎とその周辺の環境を守ってこられた。
板張りの壁は雨に濡れて腐らぬよう、数年毎に小さなバーナーで焼きを入れていた。
3年前の5月、その作業後に屋根の上から煙が上がった。
内部の土壁の粉が熱をもって出火し、全焼してしまったという。
当時の失意のほどはいかばかりであっただろう。

現在は教員住宅など、残った建物や、新たな施設で子供達の体験学習の受け入れを
続けておられる。


清水町立上旭小学校
大正8年9月1日開校 昭和53年3月31日閉校
卒業生は310名、閉校時の児童は3名


写真は、2003年10月の訪問時のもの。
写真は記録。時を残すもの。
この小学校以外にも、ネガファイルにあるいくつかの校舎が取り壊されてなくなっている。



北海道/清水町
Rolleiflex 3.5F Planar75mm GR Digitalでネガを複写






カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net