期待と説得力

2016年04月28日 - スナップ

20160427-IMGP7244.jpg (c)Tatsuo Iizuka


ずいぶん時間が掛かったけど、ついに(今ごろになって)PENTAX645D(格安中古)を手にした。
レスポンスが悪いだの、高感度に弱いだの、でかいだの、645といいつつ44×34mmしか面積がなく35mmフルサイズとかわらない解像感だの・・・後継機645Zが出た今じゃ散々な評価しか見えてこないが、果たしてどうか。
使い勝手は撮り手の慣れ(あきらめ)や、用途(割り切り)に寄るからひとまず棚に上げて、撮った写真にこのカメラでなきゃと思わせる説得力があるかどうか。そこなんだけど。

日が沈む前にちょっと撮った限りでは、期待させるものがあった。
朽ちかけた骨組みとビニール。そこに立ってるというリアリティー(説得力)が見えるように思う。
KODAKの中判CCDセンサーを積んだカメラ。
もう二度と出てこないって、そこだけでも期待させるじゃないか。


北海道/東神楽町
PENTAX645D + DistagonCF60mmf3.5 
レンズはハッセル用のツァイスをマウントアダプターで





カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net