廃止になる駅を巡る 十三里駅

2016年03月25日 - 鉄道のある風景

20160323-L1002247.jpg

20160323-L1002255.jpg

20160323-DSC01587.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



2016年3月26日のJR北海道のダイヤ改正の目玉は北海道新幹線開業。
南端の函館がニュースを賑わす一方で、JR北海道内全域での効率化がひっそりと推し進められる。
普通列車の減便(全列車の7%)、利用客の極端に少ない8駅の廃止など。

3月25日をもって廃止される駅の一つ、石勝線の十三里駅に行ってきた。
十三里と書いて「とみさと」と読む。難読駅のひとつであろう。
駅名の由来は、十三里という集落にあるからではなく、起点の追分駅から13哩(13マイル)標があったことから名付けられたという。
そもそも駅の周辺には集落と呼べる人家は殆どない。
かといって秘境駅かというと、国道と、後ろ側の高速道路に挟まれ、車の音が結構賑やかな立地にあった。
乗降客のためにある駅と言うより、単線で駅間の長い石勝線。そこで列車が行き違えるよう複線にしたところにホームを配し、乗降ができるようにしたというのがこの駅の由来であろう。
駅としての役割が終わったのちは、信号所へと格下げされる。
今後も一部の列車は、行き違い列車を待つために停車するであろうと思われる。
ただこのホームに降り立つ人は、もう居なくなる。



石勝線/十三里駅
LEICA M9-P ULTRON21mm f1.8
SONY RX100












カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net