銀色のテレビ

2016年02月06日 - スナップ

20160129-EPSN0291.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



たまに使うと、はっとさせられるR-D1sの写り。
600万画素しかないのに、そこにあるという確かな感触を得られる。


今、AF廻りや超高感度性能、そして4K動画などの機能がてんこ盛りになっていく
ばかりの新しいデジカメ。
使わない機能もいっぱいで、コストを抑えるための代償として造作がチープで
写りもいいんだか悪いんだか・・・。
高解像度に耐えうる高級レンズは、AFの高速化や手ぶれ補正組み込みで、肥大化していく一方。

自分に合うカメラを現行機種のラインアップから見つけるのは、なかなか困難な時代になっている。
そんな気がするが、皆さんいかがでしょう。



北海道/東川町
EPSON R-D1s + G Biogon 28mmf2.8










カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net