新十津川駅・夜

2016年02月05日 - 鉄道のある風景

20160128-DSC03089_2.jpg

20160128-DSC02708.jpg

20160128-DSC03112.jpg

20160128-DSC02715.jpg
(c)Tatsuo Iizuka




かつて札幌と留萌本線の石狩沼田駅を結んでいた札沼(さっしょう)線は
昭和47年に新十津川〜石狩沼田間が廃止されると、新十津川駅が終着駅となった。
終着駅といっても線路一線、ホーム一線のこれ以上ないシンプルな構造だ。

札沼線の札幌近くは電化もされ、「学園都市線」の名称で近郊輸送に忙しい区間がある一方、
末端に進むと、ディーゼルカー一両で十分事足りる赤字ローカル路線に格落ちしてしまう。
浦臼駅より先、ここ新十津川駅までの区間の列車は、現在一日朝、昼、晩の3往復があるのみだが
この春のダイヤ改正で、一日1往復へと減便されることとなった。

ダイヤは朝の一本のみ。
終着新十津川駅に着いた列車は、そのまま折り返していく。
つまり新十津川駅の住民が朝、列車に乗って出かけても、その日は列車に乗って帰って来ることが出来なくなる
ということ。
一日一便というのは、究極に利用しにくい運行形態だ。


夜の新十津川駅に列車が来るのも残り2ヶ月弱。
駅舎に灯りが灯ることもなくなるだろう。
この夜、到着列車から降りる人も、出発する列車に乗る人も居なかった。



札沼線/新十津川駅
SONY α900 + Minolta AF85mmf1.4G COSINA PLANAR 50mmf1.4 ZS
SONY α7s + SUMMILUX35mmf1.4 ASPH.












カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net