経年変化

2015年11月02日 - M9-P

20151030-L1000895-Edit.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



40年も前のレンズがどうしてこうも写るのだろうか?
ズミクロン、ネーミング通り(?)恐ろしいレンズだ。

そして同じズミクロン50mm f2 2ndを、もう一本買ってしまった。
得意のヤフオクウォッチで、破格値のブツを見つけたからだ。
古いレンズには経年変化があるので、撮り比べて1本を残すつもりで。

ところが、外から覗いたレンズの状態と、写り具合が合致しなくて、もう訳分からん。
曇りのある方が、フレアも少なく、コントラストが高く写るのだ。
これじゃあ余計に謎が深まるばかり。
まあ普通はコントラスト高い方が良いレンズってことだろうけど。
そうならないところが、何よりやっかい。
年を取ると癖がつくね、レンズも自分のボディも。



北海道/留萌市
Leica M9-P SUMMICRON50mmf2 2nd





カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net