こどもと写真

2015年10月09日 - RX100

先日、上川南部エリアの小学校の研究会に呼ばれ、先生方に対して講義をさせていただきました。
与えられたお題は「授業に活かすデジタルカメラ」です。
が、中身は、総合授業の一環として写真を撮ることが、子供が持っている各々の個性や感性を認め、伸ばし、育てる機会に繋がるんじゃないかという私なりの提案です。
写真を撮って人に見てもらうことが、子供自身が気づいていない可能性や、自分の価値を認めるきっかけになるのではと私は思っています。

これまで何年か東川小学校で毎年小学4年生に向けて「写真ワークショップ」をやってきました。
さすが写真の町の取り組みですね。
一眼レフのデジカメを持たせて、写真を撮って、自身でセレクトし、みんなの前で発表するという、一日では終わらないワークショップです。
しかし、みんなすごく勢いのある写真を撮るのに、いざ発表となると「なんとなく上手っぽく」撮れた写真を披露します。
これは「収まりのいい」ことを目指しているように見えて仕方がない。はっきり言って歯がゆい。
きっとそれは、10年間の彼らの人生を通して知った「術(すべ)」なんでしょうね。
先生や、大人に褒められないまでも怒られずに済む収め方を、彼らなりに身につけているようです。(自分もそうでしたから)
だけど、彼らが選外とした写真のなかに、実はすばらしい写真がたくさんあるのです。
私がざっと見るだけで、彼らの秘められた感性には驚きを隠せません。

それまで淡々と、今ひとつ盛り上がらない発表会。
その最後に飯塚セレクトとして、スライドショーにしてみんなに見てもらうと・・・。
一気に彼らのボルテージは上がります。
(なんだこれでいいんだ!)と、気づいてくれたんじゃないかな。

その場を通して私が感じて来たこと、それから私自身が小学生から写真に親しんで、今もって飽くことなく写真を撮り続けている実体験から得たもの。
それは写真を撮ることはとても楽しく、毎日の暮らしや、人生を豊かにするものだということです。
写真を撮ることは日々の中の小さな発見を記録することです。
ささやかなドラマが世の中を構成していることに、カメラを持つと気づくに違いありません。
なぜならカメラを手にすると、うろうろきょろきょろ周りのものを観察するようになるからです。
さらに観察の結果気づいたささやかなドラマが、世界中にはもっとたくさんあるかも!?と思いを馳せれば(たとえば学校教育に馴染めない子供にとってみても)、世界が外に大きく広がっていることを知るのではないかと思うのです。
私自身、一度社会からドロップアウトし、写真によって人生救われた身ですから。写真は一生掛けて取り組む価値のあるものだと思っています。

なんかむさくるしい話になっちゃったな。
写真は研究会の会場の小学校にて。出席した先生方と後半は撮影会をしてきました。


20151006-DSC01455.jpg

20151006-DSC01445.jpg

20151006-DSC01471.jpg



北海道/中富良野町
SONY RX100





カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net