美瑛のトーチカ

2015年08月06日 - 北海道の戦争遺産

20150715-SDIM0097.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



今、大勢の観光客で賑わう美瑛。
そのうちの1%の方にも知られていないけど、美瑛の丘にトーチカ(防衛陣地)が一基ある。
それも撮影スポットとして賑わう「赤い屋根の家」(最近ではメルヘンの丘と呼ぶらしい)のまさに屋根の上あたりにあって、知らず知らずのうちにみんなの写真に写り込んでいる。
丘の稜線に木がこんもり盛り上がった塚のようになっているのがそうだ。

入り口はその反対側にある。
草むらをかき分けると
木々に覆われたコンクリートの塊が見える。
長年の風雪で、その肌はぼろぼろとこぼれ
鉄骨や、大きな石までが露出している。

屈みながら入り口を入ってみる。
暗がりに目が慣れると
中は4畳半くらいの広さなのが分かる。
細長く取られた開口部(銃眼)から外の様子がうかがえる。
そして銃身が敵に向けられるようになっている。
開口部の下にある棚は、銃の台座を載せるためだろうか。


明治40年から終戦まで、美瑛は旭川の第七師団の演習場だった。
美瑛の丘(三愛・新星・福富・水沢あたり)で、戦争に備えて訓練していたのだ。
このトーチカは敵に対する防衛陣地ではなく、演習場の施設のひとつ。
敵軍と戦うためのものではなかったのが救われる。
それでもここに軍服をまとった兵士たちがいた時代があったのだ。


北海道/美瑛町
SIGMA dp0 Quattro








カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net