新年度

2015年04月06日 - α7s

20150406-DSC04353.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


新年度
いっちょこ前にちょこちょこ忙しく、買ったレンズもなかなか試せないでいるので
昼休みにちょこっと散歩しつつ2カット撮ってきた。

窓って不思議。
中の奥行きを感じさせつつ、外の世界が広がっている。
人ん家の窓なら個性が見え隠れして、愉しい。
この箒のようなものは何のおまじないだろうか。

窓辺に何を置くかなんて
新築したばかりのぴかっとした我が家のことを思ったりする。
そう家が出来たのだ。
明日にも鍵をもらえることとなっている。

娘達は今日から町の小学校に転校で、昨日辺りからかなり緊張していた。
下の3年生の次女は、普段は山盛り食べる(しかも速い)くせに、
朝食が食べられないまま出かけて行った。
今まで全校で24人の学校通いだったから、その20倍くらいの中に入っていくのは
確かに足がすくむ思いだろうな。
とは言え、幼稚園時代からの友達もいるので、すぐに馴染むことだろう。

先日、次女は何を思ったのか急に「将来お父さんの手伝いをする」と言い出した。
「カメラマンになるってこと?」って聞いたら
「うん、そのかわり一日1,000円ちょうだいね」だって。

「東川町写真少年団」に入ってみる?と尋ねると、2つ返事で入りたいとのことだった。
長女は「やめとく」とこれまた即答だった。
身体を動かすのが好きな次女より、長女の方が写真に興味を持つかなと思ってただけに意外な感じではあるが、どちらにしてもおやじとしては正直うれしい。

ところで長女も次女もこの前触ったCANON 50mmf1.4をつけたα7sで写真を撮るのが楽しかったようで、「あのカメラ今日はないの?」と連日せがまれる。(カメラは会社に置いてある)
自分専用のデジカメがあるやんというと
「あのピントっていうの?自分で回して合わせるのと、(ファインダー)覗くのが楽しい」と長女。
そのとなりで次女もうんうんとうなずく。
確かに写真を撮る楽しみ、カメラを持つ・触る・写す愉しみって、基本そこなんだろうな。
写った結果を求めるのとは別にして。



SONY α7s +CANON 50mmf1.4 Lマウント







最近のエントリー

トラックバック

コメント

カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net