別天地

2015年02月06日 - GR

20150204-GR030064.jpg

20150204-GR030058.jpg

20150204-GR030042.jpg

20150204-GR030029.jpg

20150204-GR030023.jpg
(c)Tatsuo Iizuka



周りから眺めるのと、内に入るのとは大違い。

車で行けるところから自分の足でわずか数百メートル登っていくだけで
まるで別天地。
息を切らして吸い込む空気の澄み具合も、写真に写るほどに違うのだから。
森林限界を超えると、そこは紺碧の青と、白の2色のコントラストがあるだけだった。

望遠で引っ張れば撮れるとは言え、表層を「視覚で写し取る」のと
懐に飛び込んで「身体で感じながら撮る」のとは、(自分のなかの充実感が)まるで違うと分かった。


もうちょっと上まで上がりたかったけど、雪からアイスバーンの斜面になって登れなくなった。
引き返そうにも足元が滑って身動き取れず。
もしや今自分は谷底に滑落の危機??
なんて思ったら嫌な汗がいっぱい出てきて、それを風が急速に冷やしていった。
滑るスノーシューを斜面に這いつくばり、なんとか脱いで長靴でクリアできたけど
甘くみると危険なことが良く分かった。


ROCOH GR + ワイドコンバーションレンズGW-3
やっと出番が来たGW-3。
購入当初は異様なでかさにおののいていたわけだが、21mm相当のカメラがウエストバックに入ってくれる。
こうして機材はカメラ一台。
身軽で山に入れるのは、貧脚には何よりありがたい。
そして写りは十二分。スノーシューハイクにはこれさえあればいい。


北海道/上富良野町





カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net