正月の空

2015年01月04日 - α7II

20140101-DSC03549.jpg
(c)Tatsuo Iizuka


α7IIのベストな設定をいまだ見いだせないでいる。
というのもこのカメラ、あれやこれやと設定項目が多いのだ。
jpegのクリエイティブスタイルでは「スタンダード」にしておけばまあいいんだろうけど、「ディープ」なんて「響き」に惹かれる。
これは使わないだろうというネーミングの「クリア」にすると、「ディープ」とは逆にハイライトの抜けが良く、シャドーがすとんと落ちるみたいで、ポジフィルムで撮ったようになる。
これはこれでよさげに見えるのだ。
上の写真はその「クリア」で撮ったもの。だいぶアンダーで撮ってるけど、ポジフィルムっぽい?

だけど、設定をそのままに翌日違う被写体を撮ると「あれれ・・・?」となっちゃうことがあるからやっかいだ。
どこをどう設定したのか、項目が多いだけにこんがらがってくる。


その点で言うとLeica M8はいじるのは1点だけ。昼間はISO160。暗くなったらISO320。
撮るのはRAWのみ。
(jpegを同時に撮ると書き込みに時間が掛かるし、1000万画素だからRAW現像もソフトの動きが軽やかなのだ)
この潔さが心地よかったりする。
設定で悩むことも、被写体を前にして迷うこともない。
その点フィルムカメラ的だなと思う。



20140101-DSC03558.jpg
今年もよろしくお願いします。飯塚達央


SONY α7II VOIGTLANDER HELIAR 40mm F2.8





カテゴリー

リンク

アーカイブ

このサイトについて


飯塚達央
写真の町、北海道東川町在住の写真屋、飯塚達央。1968年大阪出身の48才、脱サラし北海道移住20年目になります。
北海道・東川町で写真スタジオ「フォトシーズン」をやってる写真屋です。日々、ブライダルやファミリーフォトを撮っています。
http://www.photoseason.net

空いた時間に好きな写真を撮っては、ブログにアップしています。どうぞおつきあいください。

コメントもトラックバック欄も閉じていますが、メールで感想などお寄せいただけると幸いです。

photoseason@gmail.com

全ての写真と文章は飯塚達央の著作物です。一切のコピーを禁止します。コピーは違法行為にあたりますので、ご注意ください。どんな目的にせよ、私は自分の著作物の無断使用を望んでいません。


メインサイトもご覧ください。
http://tatsuoiizuka.com

フォトシーズンのHP
http://photoseason.net